ITエンジニアSAIの技術関連備忘録

技術的な内容を忘れないようにメモ....

FuelPHPのWeb開発環境をVagrantで構築する No.1

 
1.開発環境

Mac macOS Sierra
Vagrant1.9.3(CentOS 7.1)
PHP 
 
 
2.VirtualBoxVagrantのインストー

 
VirtualBox公式サイト
 
Vagrant公式サイト
 
 
3.Vagrantの起動から停止手順

 
任意の箇所にディレクトリを作成する
 
 
作成したディレクトリ内で以下のコマンドを実行
 
 
Vagrantの初期化
$ vagrant init bento/centos-7.1
※上記はリポジトリから取得しているため、上記のコマンドそのまま叩けば良い。
 
Vagrantの起動
$ vagrant up
 
 
Vagrant へログインする場合
 
 
ログアウトする場合
[vagrant@localhost ~]$ exit
 
 
4.ホスト端末からアクセスできるようにする

MacからVagrantで立てたゲスト端末にアクセスできるようにする。
 
Vagrantfileを開く
※任意のエディタで開く、自分の場合はターミナル操作でやりたかったのでVimで編集
 
 
$ vim Vagrantfile
 
 
Vagrantfileの以下のコメント部分をコメントアウトする
 29   #config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.10"
 
 
5.CentOSのセキュリティ設定

 
$ /etc/rc.d/init.d/iptables stop
$ chkconfig iptables off
 
 
もしiptablesがない場合
$sudo systemctl stop firewalld
$sudo systemctl disable firewalld
 
 
SELinuxを完全無効化
$ vi /etc/sysconfig/selinux
 
// この記述を
SELINUX=enforcing
// 以下に変更
SELINUX=disabled
 
 

 
vagrantで起ち上げたサーバー上で以下のコマンドを実施
 
 
$ cd /vagrant
 
 
 
$ sudo ln -s /vagrant/project /var/www/project
※projectの部分は適宜変えて良い
 
 
 
7.プロビジョニングファイルを作成する

 
 Vagrantfileと同じディレクトリに、以下の内容で「provision.sh」を作成する。
 
※下記の内容をコピベして、「vi provision.sh」でviを起動し、INSERTモードで貼り付ける。
 sudo yum -y install httpd
 sudo systemctl start httpd.service
 sudo systemctl enable httpd.service
 #firewalld
 sudo systemctl start firewalld.service
 sudo systemctl enable firewalld.service
 sudo firewall-cmd --zone=public --add-port=80/tcp --permanent
 sudo firewall-cmd --zone=public --add-port=443/tcp --permanent
 sudo firewall-cmd --reload
 sudo yum -y remove mariadb*
 sudo rm -rf /var/lib/mysql/
 #wget
 sudo yum -y install wget
 #vim
 sudo yum -y install vim
 sudo rpm -Uvh mysql-community-release-el7-5.noarch.rpm
 sudo sed -i 's/enabled=1/enabled=0/g' /etc/yum.repos.d/mysql-community.repo
 sudo yum -y --enablerepo=mysql56-community install mysql-community-server
 sudo systemctl start mysqld.service
 sudo systemctl enable mysqld.service
 #PHP
 sudo yum -y install php php-mysql php-mbstring
 sudo systemctl restart httpd.service
 # chmod
 sudo chmod -R 777 /var/www/html
 
 
8.プロビジョニングファイル内のソフトがインストールされていることを確認する

 
Vagrantで起ち上げたサーバー上で以下のコマンドを叩く
 
Apacheのバージョン確認
$ httpd -v
 
PHPのバージョン確認
$ php -v
 
MySqlのバージョン確認
$ mysqld --version
 
No.2へ続く

y-saiki.hatenablog.com