ITエンジニアSAIの技術関連備忘録

技術的な内容を忘れないようにメモ....

Python + djangoでwebアプリケーション開発備忘録

Python + djangoでwebアプリケーション開発備忘録
 
1.開発環境構築
開発マシン
OS:Windows7 64bit
 言語:Python 3.5.2
 
1-1.Python3.5のインストー
 下記のサイトからPythonをダウンロードする。
 

f:id:y_saiki:20170411000838p:image

 
 ・ダウンロード後Exeをたたく。
 
 ・Add Python 3.5 to PATH をチェックする
 ⇒これを忘れると、自分で環境変数のPathを設定する必要があります。
 
 ・「Install Now」を押下する。
 
 ・ダウンロード完了後、コマンドプロンプトを起動し、下記のコマンドをたたく。
  
 
※以下のようにバージョン情報が表示されればOK

f:id:y_saiki:20170411000843p:image

 
 
1-2.Virtualenvのインストー
 
 ・Virtualenvって何?
 ⇒virtualenv は Python の仮想環境を作るツール
 
 ・C:¥Users¥[ユーザー名]は以下に移動し下記のコマンドをたたく。(※コマンドたたく場所はどこでもよいと思う)
 
pip install virtualenv
 
 
成功すると下記のようになる。

f:id:y_saiki:20170411000841p:image

 
 
・仮想環境をC:\Users\SAIKI配下に「workspace_py」というフォルダを作成して、その中に移動する。
 
・「workspace_py」内で下記のコマンドをたたく。※「py35_django」は仮想環境名
 
 
virtualenv py35_django
 

f:id:y_saiki:20170411000845p:image

 
・上記コマンド実行後、「py35_django」フォルダが作成されるので、以下のコマンドをたたく
 
 
 
cd py35_django
 
Scripts\activate
 
下記のように表示されていれば成功です。
 
(py35_django) C:\Users\SAIKI\workspace_py\py35_django>
 

f:id:y_saiki:20170411000847p:image

 
 
1-3. Djangoのインストー
 
 先ほど作成した仮想環境の中にDajngoをインストールする。
 
 
 pip install Django==1.10.3
 ※最新版のDjangoのインストールコマンドは下記のサイトに載っている。
 

f:id:y_saiki:20170411000848p:image

 
 
 ・Djangoのドキュメント
 
 
2.Djangoでプロジェクトを作成する。
 
workspace_py配下に「DjangoProject」というフォルダを作成して、下記のコマンドをたたく。
※「saiki_webapp」はプロジェクト名
 
(py35_django) C:\Users\SAIKI\workspace_py\DjangoProject>django-admin.py startproject saiki_webapp
 
 
3.作成したDjangoプロジェクトをAtomに取り込む
 
  3-1. PyDevのインストー
   ・Eclipseの「新規ソフトウェアインストール」を押下する。
   ・作業対象に「http://pydev.org/updates」を入力してエンターを押すと、「PyDev」が表示されるため、チェックボックスにチェックを入れて、「次へ」ボタンを押下してインストールを行う。
   ・インストール後はEclipseの再起動を行う。
 
  3-1. Atomに以下のパッケージをインストールする。
     ※Atomのインストールは済ませておくこと。
     ・atom-django
     ・autocomplete-python
     ・django-templates
     ・linter
     ・linter-flake8
     ・japanese-menu
 
  3-2 Djangoプロジェクトのインポート
   ・Atomのメニューから「ファイル」→「プロジェクトフォルダを追加」を選択して、作成したプロジェクトフォルダを指定する。
 
 
4.開発用サーバーを起動する
 
 djangoプロジェクトが作成され準備できたら、「C:\Users\SAIKI\workspace_py\DjangoProject\saiki_webapp」に移動し、下記のコマンドをたたく。
 
python manage.py runserver
 
 
開発用サーバーが起動したことを確認して、「http://localhost:8000」にアクセスすると以下のページが表示される。
 

f:id:y_saiki:20170411000850p:image

 
 
5.アプリケーションを作る
 
5-1.アプリケーションの作成
 
・1つのDjangoプロジェクトの中に複数のアプリケーションを作成することが出来る。
 
・作成したDjangoプロジェクト内にある「manage.py」斗同じ階層にアプリケーションを作成する。
※アプリケーションはPython pathのどこにでも作成することが出来る。
 
$ python manage.py startapp [アプリケーション名]
 
 
上記の作業まで行えば、プロダクトコードへの着手ができるようになる。